HOME>トピックス>古きを新しくするための施行としての情報を得よう

まず構造体の確認

神戸で住まいのリフォームを考えるなら、目的がはっきりしていなければなりません。建て替えるべきかもしれない、その判断も建物を見ただけでは分かりづらいところがあります。設備機器の新調、生活の質を向上させるリフォームは改修工事だけで事足りますが、骨組みに問題があれば、まず、ここを改善させなければ改修工事費も無駄になりかねません。ですからまずは、基礎補強や耐力壁の補強などの建物の構造のチェックをしましょう。

基本はメンテナンスあり

時間が経過すると建物も劣化し、さらに神戸という地域や今の時代に合わせた住宅性能が必要になります。現代生活に合わない、高齢者向けではないなどの機能的ではないことが一例です。メンテナンスをしながらというのが、本来のリフォームの考え方になります。

日常生活が考え方の基礎

神戸での新築が建築図面をつくり上げることにあるのなら、リフォームは生活図面をつくることにあるといいます。日常生活にある要求からリフォームが始まるというのがしっくりくるでしょう。日常の不便さを解消するため、寸法や柱の位置はあまり意識せず、有効面積の確保を考えます。

増えた物を断捨離

リフォームの基礎情報として、暮らしから物を引き算していくことで失敗がないといいます。神戸うんぬんでなく、これまでの生活を踏まえた上で判断するので、いる・いらないを選択しやすく、断捨離にもなるようです。

広告募集中